暁喜 綾敬

無名作家の徒然

さてさて

校正が終わって、レイアウトに入りました。

ここにきて、色々と思い出してきましたw

 

さてさて、どんな話かですが

簡単に言うと

「医療系恋愛小説」

でしょうか…。

 

ただ、よくある「余命宣告を受けた」等ではなく、特殊な事例を題材にしています。

あまりにも特殊過ぎて、現役の看護士さんにも知らなかったと感心されました。

もちろん、いい加減なことは書けませんので、元専門職の方に取材をして、監修を受け、マニュアルや書類などは、本物を見せて頂きました。

 

物語としては、

最先端医療と、古えからの伝承をリンクさせた話です。

そして小説としては、思い切った冒険をしていますので、楽しんで頂けると思います。

 

と、今回はこんな感じです。