暁喜 綾敬

無名作家の徒然

2月14日刊行の本が、届いたよ

著者買取り分の本が、届きました。 約20年振りの久々な刊行なうえ、名前も変えたから、初々しいドキドキ感を味わい、更に、こういう気持ちになっている自分を楽しんでいます! この20年の間に、たくさんの知り合いができ、お世話になった人も増えたので…

中央線の「西」

知り合いと谷保の話をしていて、気がついた。JR中央線は、東京から西の多摩地区を真っ直ぐに通っているんだけど、「西」の着く駅が幾つかある。西荻窪・西国分寺・西八王子それぞれ、ちゃんと荻窪・国分寺・八王子の西側に並んであるのだが、西国立と西立…

~鈴懸の木~ 谷保の商店街

小鳥書房さんの棚貸しの件で、久しぶりに谷保を訪れました。 いまは別の所に住んでいますが、実は谷保出身です。国立から離れて久しいのですが、時々ラーメンを食べに行っていました。今回、小鳥書房さんの入るダイヤ街の話をきっかけに、様々なことが思い出…

今回、上梓する小説について

今回、上梓する小説は、脳死臓器移植をテーマにドナー家族視点での一人称で書いているのだが、実際に臓器移植コーディネーターをされていた方に取材をして、その現場やコーディネーターとしての注意点など、かなり細やかなことを教えて頂いた。 最近、脳死臓…

校了しました

やっと校了しました。 あとは、見本待ちです。 それと同時進行になっていますが、新作の準備を始めまして、現在は資料集めが忙しい。 取材もしなきゃならないし…。 でも、アイデアを形にするまでの骨格作りも楽しいんですよねぇ。

さんま

だいぶ値段が下がってきたので、さんまを食べました。 例年より小ぶりで脂のりが悪かったけれど、美味しく頂きました。 さんま美味しいねぇ

初校

初校が来たので確認に没頭していたら、首から背中、脇までもが凝りに凝ってしまった。痛い… 担当さんの意見も考えながら、如何にバランスよく、何よりも読みやすくしたいと思っている。幸いにも数人の方が、完全な読者目線、かつボランティアで協力してくれ…

本を作るときに、考えていること

編集さんから、レイアウトについて連絡がきました。原稿は250ページを超えるんだけれど、かなりの枚数を減らさなければならないとのこと。 余白を削ったり、文字サイズを変えたりする前に、改行を減らすことができるので、その作業に没頭していた。単純に…

さてさて

校正が終わって、レイアウトに入りました。 ここにきて、色々と思い出してきましたw さてさて、どんな話かですが 簡単に言うと 「医療系恋愛小説」 でしょうか…。 ただ、よくある「余命宣告を受けた」等ではなく、特殊な事例を題材にしています。 あまりに…

ヤマトさん

昨日の話。 蛍光灯が切れてしまいAmazonで頼んだのだが、日時指定で午前中にした。 蛍光灯なので、明るい家に交換したかったし…。 午後から予定があり、出入りが激しくなるので、居ない時に着て貰うと悪いしね。 配達もたいへんだから、基本、日時は指定して…

20年振りに

約20年振りに小説を上梓(Amazon以外)することになり、これをはじめとするきっかけに、ブログを書いてみる。 昨日、編集さんから校正された原稿が返ってきましたが、コメントなども全てデータでのやり取りで、ちょっと驚いてしまいました。 慣れないので…